でい・さーびす「おにぎり」 名前の由来

「おにぎり」をローマ字表記すると、Onigiri。

「i」(愛)が三つ含まれて声に出すだけで口角が上がり自然と笑顔になれます。

お子様からお年寄りまで誰もが大好きな「おにぎり」

例えば、子供の頃遠足で食べたおにぎりは普段の食事とは異なりとてもおいしく感じます。

また、仕事で忙しい時でも「おにぎり」があれば元気になれます。

そんな、利用者様への行き届いたケア、ご家族の皆様の介護負担の軽減を目指し、

皆様の「おにぎり」となれる様にと、施設の名前を決定しました。